くだものの樹 うまいくだもの園のくだもの事典
 ネクタリン
▼  Top
 さくらんぼの地獄のような忙しさが終り、初夏のつかのまの和みを奪い 取って、深緑の世界が酸素をむんむんと放出する真夏の中、常夏の国の鮮やかな花のよ うな真紅の果実ネクタリンが熟し始めます。この真紅の鮮やかさは、だれの目も釘付けにしてしまいます。甘酸っぱいネクタリンを思いっきり頬張って歓声を上 げながら、まばゆい日光の中に自分を放り出しましょう。
アームキング

アームキング 7月中下 旬

 真夏の先がけ。どんな花も、果実もこのネクタリンの前では色褪せて見えます。この力強い真紅を体中に行き渡らせて元気に夏を乗り越えようなんて思ってし まいます。ジャムも最高です。当園では純愛ジャムとして販売していますので、こちらもお試しください。収穫は7月中旬から
バビオール

バビオール 8月上旬

 これまた全面濃紅色の大玉種。甘酸の調和を楽しめ、果汁が多いため美味しく食べられます。甘い桃と違って酸味のあるものの好きな方は見逃せません。収穫 は 8月下旬から。
秀峰

秀峰 9月中下旬

 ネクタリンの晩成種。大玉晩成種。くだものはもちろん、全てにおいて当然ながら、樹上でだれよりもじっくり熟期を迎える分、甘酸の調和良く果汁多いため 食味は濃厚です。色は落ち着いた淡い橙色。ネクタリンとしてはこの秋最終です。収穫は9月中下旬。